今のうちに、将来、家をどうするのか、という事を話し合っておく必要があります。

相続やお家の事は、親類とも話す必要がある為、
親御さんと話会える間にしっかりと話し合い、方向性を決めておくと、
将来、突然空き家となっても、適切な対応ができます。

固定資産税は誰が払うのか、家の売却額はいくらくらいなのか、
賃貸物件として収益が上がるのか…、などを早めに考えておくだけで、
非常に沢山の選択肢から選ぶ事ができ、トラブルを回避できます。

もし直接、不動産屋さんに問い合わせるのに抵抗がある場合は、
空き家の管理方法も含めて、弊社でご相談になる事も可能ですので、
お客様に変わって、見積書を依頼します。

ご相談は、こちらよりお気軽にどうぞ。