最近、空き家に関連する事件が多発しています。
例えば、非合法な営利目的の植物の栽培場所として利用され、
または床下から不発弾が発見され、避難指示が出されたケースもありました。

慢性的に多い火災(放火も含む)の事件も日々目にします。
そんな中、昨日、こんな事件がありました。

“「空き家に何者かが生活していた形跡、白骨化遺体」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20140506-OYT1T50006.html?from=ytop_ylist

何者かが侵入し、テレビや布団まで持ち込んで生活していた形跡があり、
白骨化遺体までも発見されたという事件です。
物理的だけではなく、心情的にも非常に嫌な事件だと思います。
所有者様が点検で分かったという経緯のようです。

今回の事件がレアケースであるという見方もありますが、
現実に発生した事件であり、尚且つ今後も発生が危惧される事件ですので、
定期的な訪問を空き家所有者様、
若しくはご家族の方々には実施して頂きたいと思います。