神戸市は5月20日、倒壊の恐れがある老朽家屋(空き家)について、
解体撤去の行政代執行に着手したとのことです。
作業費用は140万円に上り、その半額分を所有者に請求するとのことです。

神戸市内では、約90軒の同内容な家屋が存在するので、
今後も引き続き対策を取って行くとのことです。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/140521/hyg14052102180003-n1.htm